進化認知科学研究センター
ホーム
過去のイベントの記録と今後の予定
COE関連の授業プログラム
アクセス・連絡先
関連機関・研究会
教員
公募

旧COE

東京大学のホームページ

MRI

センター長挨拶


研究施設紹介
 

[16.2.2] <センター主催イベント>コミュニケーションにおける心 New
日時: 2016年3月4日(金) 14:00-17:00
場所: 東京大学・駒場キャンパス18号館ホール
参加費: 無料、事前登録不要
共催: 東京大学こころの多様性と適応の統合的研究機構
URL: http://ecs.c.u-tokyo.ac.jp/activity/symposium/FY2015/Poster_FY2015.pdf
詳細: シンポ・研究会のサイトをご覧下さい

武藤世良 (東京大学大学院教育学研究科)
 尊敬の感情心理学
菊池由葵子 (東京大学大学院総合文化研究科)
 ASD者における社会的認知の特徴とその促進
高橋英之 (大阪大学大学院工学研究科)
 他者に感じる心はどこまで幻想で,どこからリアルか?
 -ロボットを用いた認知科学的検討-

シンポジウム終了後に懇親会を予定しています。
場所: 駒場キャンパス16号館126,127室
時間: 17:30から19:30
会費: 一般3000円、学生1500円
申込: 2月24日までに中谷までご連絡下さい

お問い合わせ
 進化認知科学研究センター、助教
 中谷裕教
 hnakatani@ecs.c.u-tokyo.ac.jp (@を半角にして下さい)


[15.12.21] <複雑系科学研究センターとの共催イベント>KAIST谷淳先生のセミナー
演題: "Is deep learning really the way to achieve “deep mind”?" (Jun Tani, KAIST)
日時: Dec 25 (Fri) 2015, 1:30pm
場所: The University of Tokyo, Komaba Campus, Room #113, Building #3
詳細: シンポ・研究会のサイトをご覧下さい


[15.12.17] <センター共催イベント>Time and Awareness: a symposium and a workshop
演題: "Without it no music: Cognition, biology and the origins of musicality" (Henkjan Honing)
    "Ideomotor action: Neurophysiological basis and functional consequences " (Florian Waszak)
    "Can birds perceive rhythmic patterns?" (Henkjan Honing)
    "Two-edged blade of musical training: virtuosity and dystonia" (Shinichi Furuya)
    "Production of temporal intervals in a key-peck task of Bengalese finches" (Yoshimasa Seki)
    "Rhythmical turn-taking and bonding in nonhuman animals" (Noriko Katsu)
    "Perception and Production of time duration around 10 seconds by rats: a cascaded delay model" (Kazuo Okanoya)
日時: Dec 18 (Fri), 2015 (Symposium: 2 - 4pm, Workshop: 4:20 - 6:40pm)
場所: The University of Tokyo, Komaba Campus, Room #113, Building #3
詳細: シンポ・研究会のサイトをご覧下さい


[15.11.22] <センター共催イベント>行動生物学サイエンスカフェ2015 ー行動生物学への誘いー
演題: 「ペットになって歌が変わったジュウシマツ(岡ノ谷一夫)」
    「香りの言葉で集団防衛ー社会性ハチ類のスマート戦術(小野正人)」
    「心の誕生と進化の道すじをたどる(明和政子)」
日時: 11月22日 17:00ー19:00
場所: 東京大学・駒場キャンパス・3号館113室
詳細: シンポ・研究会のサイトをご覧下さい


[15.8.18] <センター共催イベント>Dr. Erich D. Jarvis (Department of Neurobiology, Duke University)
演題: Dissecting molecular mechanisms of vocal learning and spoken language.
日時: 8月20日 14:00ー15:00
場所: 東京大学・駒場キャンパス・3号館113室
詳細: シンポ・研究会のサイトをご覧下さい


[15.4.10] <センター共催イベント>相馬雅代 先生(北海道大学 准教授)の講演
演題: 社会性と発達から考えるコミュニケーション行動の進化
    カエデチョウ科の求愛ディスプレイ
日時: 4月15日 17:45ー18:45
場所: 東京大学・駒場キャンパス・3号館113室
詳細: シンポ・研究会のサイトをご覧下さい


[15.3.19] MRI実験施設利用規則を制定
2015年4月1日から運用を開始します。
詳細はMRI実験施設利用案内をご覧下さい。


[15.3.5] 4月2−5日:<センター共催イベント>Tokyo Lectures in Language Evolution
場所: 東京大学駒場キャンパスII
時間: 9:00から17:00、その後2時間ポスター等
URL: http://www.langev.tokyo/
お問い合わせ: 岡ノ谷一夫 cokanoya@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp (@を半角にして下さい)

言語進化研究の潮流を作ったJim Hurford, 文化進化研究で著名なSimon Kirby, 動物発声から言語の起源を探る研究で知られるTecumseh Fitch等が参加します。 また、すぐ近所には駒場公園があり、桜がすばらしいです。是非ご参加下さい。


[15.3.5] 3月27日:駒場MRI実験施設立ち上げシンポジウム
場所: 東京大学・駒場キャンパス18号館ホール
時間: 13:30から17:30
URL: http://ecs.c.u-tokyo.ac.jp/MRI/MRI_symposium/MRI_symposium.pdf

四本裕子 (東京大学大学院総合文化研究科)
 「脳イメージングでさぐる脳の機能と構造の可塑性」
小川昭利 (東京大学大学院人文社会系研究科)
 「計算論的ニューロイメージングの展開」
幕内充 (国立障害者リハビリテーションセンター研究所)
 「fMRIによる文処理の脳メカニズムの研究」
西本伸志 (脳情報通信融合研究センター)
 「脳活動予測モデル構築を介した脳内表象の定量理解」
水原啓暁 (京都大学大学院情報学研究科)
 「脳のダイナミクスを観る:fMRIと脳波の同時計測」
笠井清登 (東京大学医学部精神医学教室)
 「MRIを用いた精神疾患研究」
吉川左紀子 (京都大学こころの未来研究センター)
 「京大連携MRI研究施設での研究概要2012−2014」

シンポジウム終了後に懇親会を予定しています。
場所: 駒場キャンパス・生協食堂
時間: 18:00から20:00
会費: 4000円(学生は2000円)
申込: 中谷(hnakatani@ecs.c.u-tokyo.ac.jp @を半角にして下さい)
    「お名前、ご所属、学生の場合は学年を」お知らせ下さい。
締切: 3月18日

お問い合わせ
 進化認知科学研究センター、助教
 中谷裕教
 hnakatani@ecs.c.u-tokyo.ac.jp (@を半角にして下さい)


[14.5.28] サイトの内容を更新しました。


[14.5.28] 6月6日にオープンラボが行われます。